ブラック企業とは?ブラック企業の定義や基準・特徴を知りたい!

ブラック企業とは?ブラック企業の定義や基準・特徴を知りたい!

 

ブラック企業という言葉は近年当たり前になっています。

 

しかし、ちょっとくらい労働条件が悪くなるのは仕方がないことのようにも思えます。

 

 

いったいどういった企業がブラック企業なのでしょうか?

 

ここではブラック企業の定義や基準、特徴について解説したいと思います。

 

 

ブラック企業とは―定義や基準について

 

労働者に対して度を越えた労働条件やノルマを課したり、パワハラなどによる過酷な労働環境で働かせるような企業のことです。

 

「ブラック企業はこうである」という明確な定義はないですが、共通点として労働条件が長かったり、賃金が安い、サービス残業が当たり前、離職率が高いというような特徴を持っていることが多いです。

 

 

ブラック企業の5つの特徴

 

ブラック企業として当てはまる企業に、よく見られる特徴があります。

 

この内、あなたの勤めている企業に数個の特徴が見られるようであれば、おそらくブラック企業と言えるでしょう。

 

労働条件が過酷

 

深夜まで働いて、次の日も普通に出勤。

 

こんな状況が続いていたりする会社は間違いなくブラック企業でしょう。

 

勤務時間の長さだけでなく、残業代が支払われないというようなケースも多く見られます。

 

離職率が高い

 

ブラック企業はその過酷な労働環境によって人が定着しないため、離職率が高いです。

 

「この会社って明らかに離職率高いよな」

 

そう思ったら要注意です。

 

昇給しない・ボーナスも出ない

 

今では昇給しないという企業も増えてきていますが、ボーナスすら出ないという企業も中にはあります。

 

正社員で働く意味すら怪しい企業もあり、給与に関しては働く側もしっかりと意識をしなければいけません。

 

パワハラやセクハラが横行している

 

上司が権力を盾に、パワハラやセクハラを平気で行っている会社も危険です。

 

会社というのは閉鎖的な環境になりやすく、今だにこういった企業も存在します。

 

同族経営で上司に逆らえない

 

同族経営の中小企業によくある話ですが、上の役職を一族で占めてしまっていて、誰も逆らえる人がいないような場合にはアウトです。

 

こういった企業は実際に存在していて、社員の意見は全く通りません。

 

将来的には必ず行き詰まる企業であるため、早く転職することをおすすめします。

 

 

 

ブラック企業は早く辞めて転職しよう

 

あなたが「この会社ブラックじゃないの?」と思ったら、大抵はブラック企業であることが多いです。

 

ブラック企業に勤め続けることは、あなたにとってのメリットにはなりません。

 

できる限り早急に、転職することをおすすめします。