ブラック企業を辞めたい!退職のために必要な心構えと退職方法

ブラック企業を辞めたい!退職のために必要な心構えと退職方法

 

ブラック企業を辞めたい!

 

そんな風に思っていても辞められない人も多いです。

 

  • 先行きが不安で辞められない
  • 会社に辞めさせてもらえない
  • 自分が辞めたら会社が回るか不安

 

 

人それぞれ、色々な理由を抱えているために辞めることができません。

 

しかし、ブラック企業に勤めていて良いことはありません。

 

でも、ブラック企業と分かっていても辞められない。

 

そんなあなたにブラック企業を退職するための心構えと退職方法をご紹介します。

 

 

退職するには「絶対に辞める」という強い決意が必要

 

ブラック企業を辞められない根本的な理由は「絶対に辞める」という決意が足りないということです。

 

この決意が足りなければ、ブラック企業を辞めることができません。

 

  • 退職したら転職先が見つかるか分からないから辞められない
  • 会社に強く引き留められてしまったため辞められない
  • 辞めた後の職場の状況を考えると責任感から辞められない

 

 

しかし、こういった状況は改善される見込みはほぼありません。

 

あなたがどうにかしてやめない限り、この問題はずっとあなたにつきまとってきます。

 

 

会社を退職する手続き

 

会社を退職するためには、退職するための手続きが必要です。

 

まずは就業規則に則って退職手続きをする

 

最初にやるべきことは会社の就業規則に則って退職の手続きをすることです。

 

穏便に退職をするのであれば、必要なことです。

 

引継ぎなどのことを考慮して1ヶ月前には退職を申し出ることを就業規則としている会社が多いです。

 

実際には、もっと時間がかかることなどもあるので、できれば2ヶ月くらい前に申し出ることが出来ればベストです。

 

 

しかし、
「どうしても会社に残ってほしい」
「退職日を○月○日まで延ばしてほしい」

 

このように中々辞めさせてもらえないケースもあったりします。

 

そんな時には少し強硬手段に出る必要があるかもしれません。

 

労働基準監督署に相談する

 

労働基準監督署は労働者の労働条件を安定させるために事業所を監督する機関です。

 

会社は労働基準監督署に立ち入られるのはできるだけ避けたいです。

 

あなたが労働基準監督署に相談をすることで、会社に上手く仲介をしてくれるケースもあります。

 

困ったら一度相談してみるといいです。

 

退職届を内容証明郵便で送る

 

退職届が受理されれば退職できるのですが、ブラック企業では何かしら理由を付けて受け取ってくれないケースもあります。

 

そういった時には、退職届を内容証明郵便で送付するという方法もあります。

 

会社からは嫌がられるため、穏便に済ませるのであればできるだけ避けたい方法です。

 

 

しかし、会社側がどうしても退職届を受理してくれないというのであれば、内容証明郵便を送るのも考えましょう。

 

 

 

ブラック企業を辞めて自由になろう

 

ブラック企業で働き続けることは、自分自身をすり減らしていく行為です。

 

できるだけ早く辞める決意をして、退職のための準備をしていきましょう。